2014年08月15日

「オンとオフを上手に切り替える」

「オンとオフを上手に切り替える」

最近、仕事、やり過ぎじゃない?

あまたがいなくても会社は存在するよ。



posted by ホーライ at 02:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間管理の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月22日

時間管理のテクニック

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
10)3秒で分かるビジネススキル 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

▼時間管理のテクニック

同時にできることは同時に。

posted by ホーライ at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間管理の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月14日

時間を生み出すための8カ条

●時間を生み出すための8カ条

(1)仕事をするときは段取りから考える

(2)「ながら」仕事をいやがらない

(3)やる気が起こるまで待たない

(4)仕事に優先順位をつける

(5)2割の重要な仕事を先にこなす

(6)人に任せて自分はチェックする

(7)とりかかったら集中して一気に片付ける

(8)常に仕事の先回りをする
posted by ホーライ at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間管理の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

「企画書」を作れば休日を有効活用できる

誰もが「土曜にはあれをした」「日曜にはこれをしたい」と思うものです。

しかし、いざ休みになると、急な用事が入ったり、家族サービスに振り回されたりします。

結局、何もしないうちに休日が終わってしまうことが多いのではないでしょうか。

仕事では厳密なスケジュールを立て、進行管理に厳しい人が、こと自分の時間になるとルーズになることが多いようです。

ここは1つ、「休日の企画書」を作って、休日にやっておきたいことの予定を立てて、実行されたらどうでしょうか?

posted by ホーライ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間管理の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

ストレスをためないランチタイムの使い方

ビジネスパーソンのお昼休みというと、正午から午後1時までという会社が多いようです。

そのため、お昼時間になるとランチを出すお店や弁当屋に行列ができます。

みんながいっせいに殺到するので仕方がないとも言えますが、これは完全なロスタイムです。

たとえば30分早く会社を出れば、すいた店内でゆっくりランチをとることができます。

同じ時間に同じ行動をするのはあまりにもムダの多いことですから、時間をずらして交代でランチに出るなどの工夫をするといいでしょう。l

posted by ホーライ at 01:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間管理の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月06日

ほかの人の力を借りて上手に時間をつくる

取引先訪問で外出したり、会議に出るときは、自分の留守中に資料を探してもらったり、データ入力をしてもらうなど、戻ってきたときにすぐに次の仕事にかかれるように、部下や後輩に仕事をふっておきましょう。

戻ってすぐに仕事にとりかかれるのと、残業覚悟でそれらの作業を自分でやるのとでは、効率が違うだけではなく、自分の時間の量も大きく異なることになります。

(ふられた部下は、いい迷惑だよね^^;)


posted by ホーライ at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間管理の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

1日の時間活用ノートを作ってみる

「時間がなくて」を口癖にしている人がいますが、そういう人は自分のスケジュールを見直す必要があります。

「10時 会議」「13時 来客」と、時間と用件だけを手帳に書いていませんか?

これでは1日の空白時間やムダ時間をつかむことができません。

A5版かB5版のノートを用意し、タテは起床から就寝まで1時間単位に区切り、ヨコは見開きに月曜日から日曜まで区切ります。

こうして用件を書きこむと、空き時間がいかに多いかが一目瞭然です。

そこに「来客」「ミーティング」と細かく埋めていけば、時間はいくらでも増やすことができます。


posted by ホーライ at 03:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間管理の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月27日

足りない休息時間を賢くとろう

とはいえ、仕事で全精力を使い、さらに電車の中でも英語を聴いたり、真剣に勉強するとくたくたになってしまいます。

それこそ休む場所がなくなってしまいます。

たまには勉強の英語を聴くのではなく、好きな音楽を聴いたり、何もしないで休息をとる時間にあててみるのもいいでしょう。

周りの雑音に負けずに瞑想ができるようになれば、それはそれでたいしたものです。


posted by ホーライ at 16:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間管理の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

1日1冊の本を読みこなせ

首都圏では通勤時間が片道で1時間もざらです。

往復で2時間ですが、それだけあれば、単行本を1冊読み切ることができます。

もちろん、文芸書のように文章を味わうものは別ですが、論文や経済書、ビジネス書は、まず目次を見て、興味をひかれた見出しのところから読み進めます。

段落全体を1つの視野でとらえて、キーワードを連続させて理解するのです。

こうした読み方に慣れてくると、ページをパラパラと眺めるだけで内容の7割は理解できるようになります。

そのうえで、きちんと読んでおきたいところを抜き出していけば完璧です。



posted by ホーライ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間管理の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

資格をとるための勉強は車内だけで十分できる

税理士、弁理士、社会保険労務士、中小企業診断士など、資格取得をめざす人が増えています。

「やりたいけれど時間がとれない」とあきらめている人も多いようですが、ちょっと待ってください。

通勤時間を使えば十分な時間が取れます。

できれば座っていきたいので、時間帯やルートを選ぶことも大切です。

たとえば始発駅から乗るとか、時間はかかるが各駅停車に乗るのも賢い方法です。

ただし、電車の中では、資格のための勉強に徹してください。

欲張って、会社の資料を広げるのはビジネスパーソンとして最低です。

いつ、どこで、ライバル会社の人間が見ているかもしれません。



posted by ホーライ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 時間管理の基本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。