2014年07月23日

テレビ情報の見かた・読み方・使い方

テレビのドキュメンタリーや情報番組が情報源という人は多いようですが、こういう番組でも多少は演出されていることに留意してください。

あるTVディレクターが「隠し撮りのようになっていても、そこにカメラが入っている以上、撮る側と撮られる側のあいだに何らかの了解があるもの。テレビですから・・・・・・。」と話していましたが、これが真相のようです。

ですから、テレビは情報源にするというより、むしろ情報がどう操作されているのか、映像にあらわれなかった情報は何か、ということを考えながら見ることが肝心です。


posted by ホーライ at 03:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 情報力 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。